2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパークールビズ

 それは「そろそろ暑いね」などと誰もがささやきだした初夏の出来事だった。

 「yasuくん。Mくんのズボンってあれ、破けてないか?」

 俺の上司がわざわざ自分の席まで呼んでヒソヒソと言うではないか。
 「ズボンが破けるとしたらやはりケツの部分に限るであろう」などと心で思いながら、はやる気持ちを抑えつつ「どこがですか?」などと冷静に尋ねる俺。

 「おしりのとこだよ。。」


 。。そらきた!さすがだ!

 そう。Mくんといえばここんとこ俺の仕事ばかりではなくいろいろな場面でテンションの上がるパスを出してくれる、いわば最高のブレーンの一人だ。しかもここで更に最高のパスを回しておるではないか。


 そして俺は、本人に驚愕の真実を伝えるといった大役を自ら買って出るのであった。


 俺はMくんの所に行き「相変わらずさすがだな。スーパークールビズか。」などとヒソヒソ伝える。
 すると「え?」という顔を一瞬見せるもすぐに気がつき「そうです。節電を心がけてますから」などと返してきた。さすがだ。

 それにしてもズボンのケツが破れるとは実にオイシイ事をやってくれるぜ。

 その後、昼休みとなったが話題は当然そのクールビズネタで持ちきりだ。
 だが、そこで更なる強豪が現れた。

 彼は「ああ、僕もよくズボンのケツを破りますよ」などと簡単に言う。だが考えていただきたい。ズボンのケツが破れるなんて、日常生活ではなかなかあることではないぜ。

 そして彼は続ける。

 「こないだなんか、力が入って縫い目じゃなくて生地のとこが破れたんすよ」

 マジか!?ズボンのケツ破れといえば縫い目の所がメジャーだ。生地を破るには相当の破壊力が必要だ。
 そこにいた誰もが、北斗の拳のケンシロウが大胸筋でシャツを破るシーンを思い浮かべたであろう。ケツ筋が相当スゴイのではなかろうか。
 

 。。俺は彼に向かって「そんなに破れるならそのケツの縫い目んとこボタンにしたらどうや?」とアドバイスするのであった。
スポンサーサイト

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

放屁で逮捕?

この法案については、既に各方面でいろいろな意見が出されかなりHOTな話だが、「キングはいかがお考えか」などとの問い合わせもあり、やはり声明を出さねばいかんだろう。

俺は既にここで「放屁」に関する危険性については再三にわたり忠告をしてきた。だがそれは、モラルとマナーの向上を目指してのことだ。だからそれを法律化して取り締まろうというのはちょっと行き過ぎではないかと、まずは言っておこう。
しかしながら、それはあくまでも他国の意見。マラウイという国には行った事が無いが、仮にその国のいたるところで時間と場所を考えず放屁する国民性があるとしたらどうだろう。

○レストランで「うまそうだな」などと食べようとした時に隣で放屁。
○議会の最中でも放屁。
○人が真剣な話をしている時に放屁で返事。
○満員電車やバス、エレベーターなど密閉箇所でもかまわず放屁。

。。。ちょっと考えるだけでいくらでも迷惑なシーンが生まれるではないか。
こんな国民性ならば「こいつ逮捕してやる」などといった考え方が出てもおかしくは無いぜ。
そんな見方をすると、ニュースのインタビューで「屁なんていつでるか分からんのに」などと文句を言ってる国民を「屁を好きなだけしたいだけだろ」などと見下してしまいそうになるな。

これはあくまでも上記のような国民性だったら「有り」との考えで、日本とさほど変わらないモラルの国ならばやはり行き過ぎた考えだと加えておこう。ましてや罪も無い人を政治的に「いま放屁したやろ」などと逮捕するための法案なんてのはもってのほかだ。

前にも書いたが、屁は一気に何万もの大腸菌を放出するいわば兵器だ。
密室での放出はヘクサ濃度も加わり、これはある種のテロだと言われても過言ではない。
だからモラルはやはり大切にしたいぜ。

ここに集うピープスなどの上級者は「S.O.W」や「ヘクサコントロール」などといった技が使えるので、放屁でさほど迷惑をかけることは無いが、マラウイへ行っても逮捕されないように、技に一層の精進が必要だな。

※S.O.Wは「Silence of wind」つまりスカしっ屁の事。ヘクサコントロールとは、放出する屁の臭い濃度を瞬時にケツ穴で感知し、その広がり具合を体幹でコントロールするといった技(高度)。

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

レベル3

ゴールデンウイークもついにオーラスとなり「もう寝るか」などと布団に入り、何気にテレビを付けて見ていたCANDY&yasu。

昨日の5日は何故か見たいテレビも無く、ただつけていただけな感じでDSのゲームをおもむろに始める2人だったが、「部屋の中の雑菌が多いのはどこだ」などといったテーマでなにやらベタな専門家がいろいろと解説を始めた時に、何気に2人の視線はテレビへ。やはり部屋の中では快適ライフを送りたいということだ。

ダントツの1位はレベル5のトイレの便座の回り込んだ内側だそうな。

2人 「ほほう」

確かにそれは容易に想像が付くところだな。
それからいろいろと菌のレベルが高い場所を紹介していくのだが、別に分かりきった場所ばかりじゃねぇか。。

「そんなん普通分かるわな」などとチャンネルを変えようとした時だった。

専門家 「布団のオナラは危険信号です」

2人 「んん?」

それだ!そういった意外な情報を与えてくれるってのが専門家ってことだわ。
俺は思わず起き上がってテレビに釘付けになる始末。

専門家 「布団の中でオナラをすると通常レベル1.5から一気にレベル3に跳ね上がるのです」

「ほほう。これはキングとしては勉強になるな。もっと教えてくれ先生。」そう呟きながら続きを聞いていく俺。

専門家 「オナラの中には大腸菌などの菌がいっぱい居るので、布団の中といった密閉された場所で放つのは大変危険なのです」


。。俺は以前から「布団の中で屁をこくのは犯罪だ」と激しく言ってきたが、やはり医学的にもそうだったということか。まさか大腸菌が何万個というレベルで放たれているとは。。こんなに恐ろしい兵器を誰もが隠し持っているとは恐ろしい世の中だ。


専門家は続ける 「だから私はこうやって布団からオシリを出して放つことをオススメします」などと実際に布団からケツを出して屁をこく実演だ。

そりゃそうだ!それは大腸菌がどうのって事じゃなく、布団の中で放った日にゃあほとんどが首の所の僅かな隙間をすり抜けて鼻を直撃だ。ヘクサパスカル的にも倍増どころの騒ぎじゃないぜ。


屁は俺が今まで思っていた以上の破壊力を備えた兵器だ。
これからはそんな自覚を持って人知れず拡散しやすい風通しのいい場所で放つことをみんなで誓おう。

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

キングの自覚不足だな

そういえば先日の俺仕切りのイベントで遠路はるばる埼玉から来てくれたSplash↑応援団の方々との会話の中で、ひとつだけ今だにちょっぴり後悔している事があるぜ。

それはイベントが終って近くのシティホテルまでCB24さんとハギちゃん夫妻を送っていくときの会話だ。

CB24さん 「ホントはせっかくここまで来たから聖域を見ておきたかったっすよ」
ハギちゃん 「そうっすね~」

そう。「聖域」とは俺のケツネタを数多く排出している場所であり、ピープスにはかなりホットでクールな場所なのだ。

イベント会場からはもちろんの事、そのホテルからも聖域はかなり近い。だが既に夜の11時を回っており、守衛も出てこないので建物に入るのは諦めるしかなかったぜ。

「す。。すまん。俺がもっと早く気づけば。。」

既に客からピープスに変貌を遂げていた3人に心から申し訳ないと思う俺なのであった。

テーマ:やっちまったよ。。 - ジャンル:ブログ

生き物ではないぞ

最近のSp↑家はヨーグルトが豊富だ。
お友達からケフィアをもらい、CANDYがせっせとカスピ海ヨーグルトと両方を育ててくれているので、お腹に菌を入れるのはそりゃあもう欠かしたことは無いぜ。しかもヤクルトも飲んだりしてるもんだから3種類入り乱れだ。

だが、そんな入り乱れ作戦が項を奏したのか、ここんとこすっかり腹の調子がいい俺。
しかも今週に入ってからは一日に2度もリリースをするという、まるで売れ出した時の倖田來未の連続シングルリリース時並の勢いでブレイクをしているのさ。

そんな調子に乗っている朝に事件は起きた。

「いつになくリリースが続くのでケツがちょっと痛いから気をつけなきゃな」などと自分に言い聞かせながらブースに入ると、すぐに屁のファンファーレで幕開けだ。勢いがある時ってのはこんな所も一味違うぜ。

「相変わらず今日も祭りだぜ」などと微笑みさえ浮かべながら次の波を迎えた時だ。

。。ボフッ。。

そうだ。屁だ。だがこいつはいつもとはちょっと違う。
それは以前に流行ったヘクサパスカルという単位で測定する以前に、ニオイの質が違うのだ。

「まるでゴムが焼けているような感じだぜ」

そう思うと一瞬自分で屁をこいたくせに、もしかしたら火事でも起きてるんじゃないかと心配になってくる。密かにビビりながらも冷静に周りを確認したが、明らかに俺の屁だ。ケツの毛でも焼けてるんじゃないかとさえ思ったが、やはり違う。

なんでこんな生き物から出るわけがないようなスメルが俺から出たのだろうか。。
キングの俺でさえまだまだ分からない事がいっぱいだな。

テーマ:やっちまったよ。。 - ジャンル:ブログ

ニューモデル

とにかく今回の釣行はまったくつまらん釣果だったのだが、ちょいとカワイイ事件があった。

午前の釣行でサッパリだったのは前にも書いたが、次の釣り場へ移動する途中「灯台ラーメン」で腹ごしらえをして気分転換をしようと俺が企画。最近やけに腹ペコキングのCANDYも即OKだ。

「けっこううまいな」などと話していたが、豊浜に先にツレが既に到着してるので「そろそろ行こうか」と席を立つも、とりあえずトイレは済ましておこうとするのは俺がA型だからだろうか。

ドアを開けるとすぐに手洗い場がある。そしてもうひとつの扉を開ければリリースゾーンだ。

「あれ?」

少しあいてたその扉を空けると男の子が居るではないか。

「どうした?ちゃんと鍵を閉めないといかんぞ」

そう。以前俺は鍵を閉める確認が甘く、不意に扉を開けた一般人を驚かすといったミスをしていたのだ。ケツキングの称号が台無しの事件を起こしたが、この子には同じ間違いを起こしてほしくはないぜ。

「あのね、流し方がわからないの」

そ。。そうかい。

確かにニューモデルだ。だが俺はキング。便器にはレバーが無く、リモコンに流すボタンが付いてるのは知らない訳が無いぜ。

「コレを押すがいいさ」

流れていく引き潮を見送ったその子の表情は、すぐに笑顔に変わり「ありがとう」とこのブースを後にするのであった。いい子だ。

俺たちはトイレのすぐ手前の席だったが、その子がトイレに行くのを見ていない。
随分長く悩んでいたんじゃないかな。そのまま密かに流さず置き去りにして次に来た俺に不快感を与える事無く、ちゃんと最後まで見送ろうとするその心意気は見上げたもんじゃねぇか。

俺は次の釣り場までの道中で、このカワイイ事件をCANDYに報告するのであった。

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

祭りのあと

みなさんは8月になって、夏らしい日もちらほらと出てきて「こりゃあ水分を欠かしちゃあいけないぜ」などとビールやらジュースやらをタップリ取っては腹を冷やしちゃいませんか?

俺はこの夏のリリースは、すっかり中二日だ。まるで中途半端な中継ぎ投手みたいだが、昔に比べりゃそりゃあずいぶんとコンスタントなリリースをしてるもんだ。

そして今日も近くのモールに出向いては花屋で種を「安いな」などと見ているうちに触発されたのか「ち・・ちょっと俺行ってくるわ」などとCANDYに伝えトイレへ。

ここんとこの俺は、中二日ということもあって、リリースの度に「祭り」だ。どんどん出てくるのだ。


「祭りの太鼓の音が聞こえてくるようだぜ」

そんな独り言を言いながら今日もすっかり祭りを終えた俺は、便座シャワーのボタンを押すが、えらい勢いで俺のケツをピンポイントで狙うじゃねぇか。だが俺は冷静に「弱」のボタンで調整だ。男はなぜこんなに強いシャワーが好きなんだろうか。。

その時事件が起きた。

カチャ

「あ!ス・・スイマセン」

いきなりブースの扉が開くではないか!俺は確かに鍵をかったはずなのにだ。

だが、ケツキングの俺はすぐさま事件の原因を確認しなけりゃいけないぜ。
それは簡単だった。誰かが急いで閉じた扉の鍵を確認したが、どうやらかかりが浅かったようだ。俺のバカヤロウ。

「いえいえ。どうぞ」などと中途半端な返しをしてしまったが、彼には申し訳ないことをしたな。
冷静に水勢ボタンを調整してる俺を目の当たりにした彼は、一体何を感じたのだろうか。

鍵はマナーだな。

祭りで浮かれていたが、深く反省する俺なのであった。

テーマ:やっちまったよ。。 - ジャンル:ブログ

やすらぎの場所

すっかりケツネタもご無沙汰しておりますが、ピープスの皆さんはお元気でしょうか?

俺は異動になって新しいブースを利用するようになったのだが、そこはセンサーなどという高尚なものが付いており、電気消し去り事件の心配は無いが、結構使い勝手が悪い。
というのは、最近割とリアル放出にあたっては快調な俺なのだが、どうもタイミングが悪いのだ。
俺のウエーブは出勤してからだいたい20分後位にやってくるのが最近のリズム。ところがそのタイミングでいつも掃除がおっぱじめられるのだ。しかもそのオバチャンときたら格闘中だというのにも関わらず、ブースに併設された掃除道具入れをバンバンやりながら道具を取り出すので、落ち着いてリリースなんて出来たモンじゃない。時には浸水事件もある始末。そんな日にゃあリリース間近でワクワクしてたリアル達も引っ込んじゃうじゃねぇか。
だから俺は、2ヶ月くらい前からひとつ上の階の人気の無いブースを利用することにしたのだった。

そこはとても静かだ。会議室があるくらいで、朝一番なんてのはだいたい誰も居ないぜ。
誰も居ないので「屁をスカす」などという小技も不要。思う存分サウンドを演出可能だ。

そんなある日、平和だったそのブースでもついに事件が起きた。

俺がいつものとおりブースに入ろうとすると、隣のブースには既に同志が。
そして俺が隣のブースに入ったのにも関わらず思い切り屁を放つ。それに俺も屁で返してみた。

同志 「ブバッ。ポゥ?」(おはようございます。調子はどおですか?)
俺  「パヲン。ップ」(そうだなぁ。いいっすよ。)

↑こんな感じといったところか。

ところがである。その同志ときたら、先にブースを後にしたかと思いきや、ナント電気を消して行ってしまうではないか。そう。ひさびさの「電気消し去り事件」勃発だ。当然扉をバンバン叩いて忘れられた存在をアピールしたが、気付く訳も無く去っていった。バカヤロウ!あんなに楽しく会話をしたってぇのに波長のあわねぇヤロウだ!

新天地でのやすらぎの場所を見つけたと思ってたのだが、気が抜けない場所だったぜ。

事件に巻き込まれた割にはなんだか懐かしい気がした俺なのであった。

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

意外なコーヒー

先日のことだ。CANDYとCANママと3人でとあるうどん屋さんに夕食に行った。
ここは夫婦そろってCANママの歌の生徒さんのお店で、いつも仲良しでなかなかいい雰囲気のお店だ。しかも結構美味しいぜ。

食事が終わると「コーヒー飲む?」と大将。「え?そんなんメニューにあったっけ?」などとヒソヒソやってると、奥さんがこんなことを言い出した。

「昔ね~この人はバーテンダーとか洋食屋さんとかやっててね、そういうのの方が得意なのよ。でも、私の母がうどん屋さんやっててね、ここをついでくれたのよ。」

「ええ話やないですか!」などと突っ込みを入れる3人。
大将は既に奥に入り「うちは豆からこだわって仕入れてるんだよ。」などと自慢な様子。
そして出てきたコーヒーを飲むと、俺が今まで飲んだ中でもかなり上位に来るほどの美味しさだ♪
「美味しいですねぇ」などと言う言葉が嬉しかったのか、大将は閉店時間が過ぎているというのに話は止まらない。
そして俺は、美味しいコーヒーに触発されたのか、密かに腹が痛くなってくるのであった。

「やばいな」などと思いながらもかなり話は盛り上がっているのに水を差すわけにもいかない。しかもトイレは大将や奥さんが座っている席のすぐ隣だ。

「まぁそんなに長くはならないだろう」などと気をまぎらわしつつも、やはり暴動はどんどん大きくなってきた。俺は何気にズボンに入っているキーやら財布やらをテーブルの上に置き、密かに座りやすい段取りを始める。隣に居るCANDYは大将の話しに大ウケで気づく様子もないぜ。
そしてついに屁がリリース間近となる。リミットだ。だが、このタイミングで放った日にゃあ実弾も出かねないぜ。

「ち。。ちょっと前スイマセン」

俺はついに盛り上がりの中心を通り抜け、ブースへ駆け込む。

「わ。。和式じゃねぇか」

そう。上級者の方はお気づきだと思うが、和式でスカすのは難易度がUPするのだ。
案の定プゥプゥと音が止まらない。上級の俺でさえ慌てるほど事態は切迫していたのだ。

「し。。静かにしろて。。」

間も無く暴挙をリリースし、ここで一安心。扉の向こうではまだ盛り上がりの声がしている。大丈夫だ。
だが、ブース内はまるで火がつくんじゃないかと言うほど濃いスメルが立ち込めている。鼻が曲がりそうだぜ。
しかも換気扇が無いことに気づいた俺はさすがにビビった。だが、なんとか窓を開け、手でパタパタと空気を拡販し、何事も無かったようにその現場を後にするのであった。

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

骨折じゃなくて?

CANママのうちにはワンちゃんが居る。その名もドリ君。
去年の誕生日にCANDYと俺とでプレゼントしたマルチーズだけれど、俺たちがドリカム好きなので名前をドリ君にしたのさ。

そんなドリ君に事件がおきた。
なにやら繋いであった布団干しポールが倒れて下敷きになり、それから足をケンケンやってるらしいというではないか。そんな訳で、CANDYとCANママが病院に連れて行くことになった。

診察を受け、レントゲンを2枚撮る。

先生  「ん~。骨は大丈夫ですね。」
ホっとする2人。その瞬間だ。

CANDYと先生 「ん?これは?」

どうやらイヤリングのような金属を飲み込んでいて、それが映っているのだ。

先生 「まぁすぐにウンコになって出てくるだろうから、気にしていてください。」

先生の言葉を受け、帰ってから早速次のウンコを開いて検査するといった作業をする事になったのだが、CANDY曰くそのニオイはかなり強烈だそうだ。まぁ確かに中身ほどフレッシュなのでニオイレベルも倍増だわな。聞くだけで鼻が曲がりそうな話だ。

そして今日もCANママがリアル捜査を続けているのだが、まだ出てこないぜ。

ドリ君大丈夫か??

出てこなかったらやばくないかい?

テーマ:これってどお?? - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

プロフィール

yasu@Splash↑

Author:yasu@Splash↑
『Splash↑』とは。。
Vo.CANDY & G.yasu
二人で活動するユニット♪
オリジナルポップスや邦楽カバー
中心に楽しいステージ展開中!

8月8日にNewAlbum
『COLOR&COLOR』
をリリースしました☆
ただいま好評発売中

お申し込みは
→コチラ←

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Sp↑&お友達ブログ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。